画像

マグロ専門店の黒馬亭は、半世紀以上にわたって地元の漁師町の要となってきました。この隠れた名店では、新鮮な刺身と特製マグロ料理を提供しており、新鮮な食材、地元の職人技、温かい家庭的な雰囲気が融合した食事体験を提供しています。この旅には、100年以上にわたって港町の重要な中心地である三崎港魚市場への訪問が含まれています。卸売市場であるため、ここでレストランのオーナーを見かけることはめったにありませんが、拓也と彼の家族は、毎朝市場に出向き、最も新鮮で最高品質の魚を選んで顧客に提供することに誇りを持っています。彼らは、当時の最高のマグロ漁師として名を馳せた拓也の祖父が始めた伝統である魚市場のマグロの競りにも参加しています。

三崎地区では、マグロの喉やあごなど、あまり一般的ではない部位を食べるのが地元の名物です。これは地元の漁師が考案した調理法です。長い航海の間、日本のマグロ漁師は市場では手に入らないこれらのあまり知られていない部位を楽しみ、航海中に集めた世界中のスパイスを使って調理し、独特のフュージョンスタイルのマグロ料理を生み出しました。

ハンディグ?
ベダンクト!
画像